土日専門の販売員です

秋葉原の電気街でオーディオ用品を店頭販売するバイトをしたことがあります。男性の先輩がその仕事をしていたのですが、他のバイトが忙しくなって続けられなくなり、譲ってもらった仕事でした。電気や音響の知識はなかったのですが、消耗品の販売がメインなのでそれでいいということでした。音響機器メーカーに採用されて、要請があった電気店に出向する形です。平日は電気街の中心で、土日は駅裏で、という働き方もできました。

土日のバイトは時給がいい
秋葉原というところは実はきれいな街で、飲食物の食べかすなど特有の悪臭などが少ないエリアだと知りました。常に人が多く賑わっていますが、みなパソコンや家電を探すことが目的なので、飲食に固執していないようです。他の繁華街に比べて、飲食店自体が多くない気がします。また、オタクが多いというイメージがあるので、専門知識を仕入れなくてはというプレッシャーがありましたが、そのようなものは必要なかったみたいです。秋葉原に買いに来る人はみんな、自分なりの知識とこだわりを持っているので、知識はなくても務まりました。接客によって物を売っているお店にはいかにも専門家という人が揃っており、生半可な知識なら要らないようでした。
女性の職場としては帰りに服や靴を見て帰るようなお店もなく寂しいですが、社会勉強としての電気街は新鮮で面白かったです。日ごろは見ないような家電やパーツなどを見る機会もでき、へええ~ということばかりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です